【競馬】第39回ジャパンカップ(GⅠ)外国馬どころか国内最強組もいないぞ?

こんにちは。昨日の平場、芝2400mの勝ちタイムが昨年のアーモンドアイの驚愕レコードより10秒もかかっているということに驚愕を上乗せしましたぽぽんです。

先週は2歳馬が日本レコードを更新するようなコンクリ馬場だったのに次の週には田んぼに地目変更されているかのような状態になっており、そんな中で第39回ジャパンカップ(GⅠ)は施行されることとなります。

 

 

 

 

 

枠順

ご存知の通り今年は1981年の創設以来初の外国からの出走馬ゼロ。

そしてリスグラシューとアーモンドアイの国内2強も出走しないというなんとも寂しい出走表です。

 

 

 

 

 

①カレンブーケドール

JCにおいては現在3連勝中、馬券圏内5年連続継続中と凄まじい戦績を持つ

「1枠1番」を引き当てたのは唯一の3歳馬であり紅一点のカレンブーケドール。

オークス、秋華賞共に2着と現3歳牝馬のトップクラスであるところは周囲も認めるところですが、今回は初の古馬相手。

他の出走馬がだらしなさすぎる事もあり、そこそこの人気になっています。

 

 

 

 

重馬場のディープは割引が必要

確かにこれは金言なのですがこの馬別にキレるわけじゃないんですよね。。

切るに切れずに迷っています。

 

 

 

 

 

②ワグネリアン

福永の手を離れたという事でより一層信頼度を増したのか目下のところ1番人気に支持されています。

とはいえこの馬最大の勲章であるダービーは、その福永による空前絶後の好騎乗によってもたらされたと言っても過言ではありません。

天皇賞・秋はアエロリットが99%残る馬場なので、外枠追い込みで馬券圏内突入は元々無理難題であったため、むしろ5着まで追い込んだのは単純に能力でしょう。

札幌記念は両前脚落鉄ですし、実績的にこの馬を上回るのがレイデオロとシュヴァルグランというやや落ち目に見える2頭なのでそりゃ1番人気になりますわな。

しかしこのJCで1番人気が来るのか・・・・????

 

 

 

 

 

③ウインテンダネス

昨年はちょっと色気を出して買って見ましたがもう無理です。

 

 

 

 

 

④ムイトオブリガード

この馬は府中の2400~2500はあってるんじゃないですかね?

やっぱりこの馬場だとキングカメハメハの血脈は魅力。

 

 

 

 

 

⑤スワーヴリチャード

馬場を鑑みるとやはりこの馬の自在性は魅力。

休み明けから走るタイプで調教も動いているので買い。

 

 

 

 

 

⑥ユーキャンスマイル

こっから書いたのが全部消えました。

 

 

 

 

 

 

第39回ジャパンカップ(GⅠ):まとめ

◎ ⑤スワーヴリチャード

○ ⑪シュヴァルグラン

▲ ⑨ルックトゥワイス

△ ④ムイトオブリガード

バックアップ出来てなくて泣きそうです。

 

 

 

 

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。