【GC追い切りメモ】6/25~26 宝塚記念(G1)

追切り注目馬

今週の追切り

※グリーンチャンネルを見ながらの殴り書きです。あくまで個人的なメモ書きなので鵜呑みにしないでください。

宝塚記念(G1)

オーソリティ w c 少し推進力に欠けるか

アフリカンゴールド cw d やや動きが小さい

メロディーレーン 坂 d 可愛いだけでは。。

エフフォーリア w c+ 少し追うだけでしっかり伸びる。

アイアンバローズ cw B 長めからほぼ馬なりでも時計水準以上

タイトルホルダー w B 春天のダメージなく順調

デアリングタクト 坂 c 迫力に欠ける

ステイフーリッシュ 坂 c むしろ併走馬を買いたい

マイネルファンロン w c 抑え効いてないが馬体は上々

ヒシイグアス w c ふつう

パンサラッサ 坂 A 断トツ

ウインマリリン cw d 動きが重い

アリーヴォ 坂 d フットワークは小気味良いが何故か遅い

キングオブコージ cw B 楽々好時計 問題は脚質

ディープボンド cw c ふつう

グロリアムンディ cw d イメージもあるが体型からもダート向き

ギベオン cw d もさもさしてる

ポタジェ 栗p d なんか小さく見える

好調教馬

A パンサラッサ

B キングオブコージ、アイアンバローズ、タイトルホルダー

C+ エフフォーリア

タイトルホルダーとエフフォーリアの調子に不安は無いので、双方力を出し切れば一騎打ち濃厚。

パンサラッサは間違いなくスピードの違いでハナに立つ。アフリカンゴールドとタイトルホルダーがどれだけ突くか。彼らの鞍上の度胸からほぼ単騎逃げになる見込み。

キングオブコージは追い込みの利かない前残り馬場と多頭数が厄介だが状態は◎

アイアンバローズも具合は良い。

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました