【第88回日本ダービー(G1)】さぁ、勝つぞ。全頭考察で準備は整った。

5月30日㈰。いよいよダービー当日を迎え、否応なしにテンションが高まって来た。

土曜日は嫁の終日監視の下、「今日こそ未勝利戦が終わった後は大人しくしていろ」との命を受けていたので午前の勝ちを溶かさずにダービーに挑める。

日曜日は未勝利戦とダービー、そしてむらさき賞だけはブッコミ許可を得たので、他の古馬条件戦に不倫しないで一日を過ごしたいと思う。

ただし嫁は明日不在なので自制心との戦いとなる。

 

日本ダービー

クラシック三冠レースの第二弾として行われる日本ダービーは、イギリスのダービーに範をとり、競走体系の確立と競走馬の資質向上を図るという意図から、1932年に3歳牡馬・牝馬限定の重賞競走「東京優駿大競走」として創設され、目黒競馬場の芝2400メートルで行われた。1934年から府中の東京競馬場に舞台を移して行われ、以降は距離・競馬場とも一度も変更することなく継続している。

なお、レース名は幾度かの変更を経て、1950年に「東京優駿競走」に変更のうえ(日本ダービー)という副称が付けられたのち、1964年に「東京優駿(日本ダービー)」と改称され、現在に至っている。また、本競走は1984年のグレード制導入によりGⅠに格付けされた。

クラシック三冠レースについて、“皐月賞は最も速い馬”が、“日本ダービーは最も幸運に恵まれた馬”が、“菊花賞は最も強い馬”が勝つと言われている。また、“競馬の祭典”とも呼ばれる日本ダービーの栄冠を勝ち取ることは、日本のすべてのホースマンが憧れる最高の栄誉とされている。

競走名の「ダービー(Derby)」とは、1780年にイギリスで同レースを創設した、第12代ダービー卿エドワード・スミス・スタンレー氏にちなむ。現在は一般的に3歳馬の頂点を決める競走として世界各国の競馬場で「ダービー」が行われ、わが国でも”競馬の最大の祭典”として、競馬ファン以外にもその名が広く知れ渡るレースとなっている。(JRAホームページより抜粋)

要約すると「競馬民は全員全ツ」しろよということだ。

言われるまでもなくそのつもり。それでは以下で出走各馬の強調材料を探って行こう。

日本ダービー出走各馬の強調材料

①エフフォーリア

問答無用の大本命で外す理由は見当たらない。無敗の皐月賞馬の実力を遺憾なく見せつけ、他馬を圧倒する。

②ヴィクティファルス

皐月賞で4番人気の馬がこの枠で14番人気の低評価は美味しい。最近の10番人気以下の好走馬は全て①~⑦番枠に納まっていた。

③タイムトゥヘヴン

デビュー数戦は中距離を使っていた事は陣営に何か思惑があったはず。好枠・器用さ・先行力を活かし、石橋脩にコズミックフォースの再来を期待。

④レッドジェネシス

京都新聞杯勝ちでディープインパクト×ストームキャットはキズナを思い出す。ノリさん流の「獅子の子落とし」が見られるかも。

⑤ディープモンスター

武豊と⑤。ただならぬ運命の歯車が嚙み合った。

並み居る強豪を捻じ伏せて戴冠となれば、伝説の鞍上はダービー6勝目となる。

⑥バジオウ

ダービーで負けたら、晩ご飯が豆腐のみになってしまうというFFさんが声を枯らして応援する。まともに走ったディオスバリエンテを子供扱い出来るなら、共同通信杯組にもヒケを取らない可能性は秘めている。

⑦グラティアス

底を見せていないという観点で見れば一番恐ろしいのはこの馬。皐月賞を使った重賞勝ち馬なら激走の下地は出来ている。今度こそ本領発揮だ。

⑧ヨーホーレイク

東京G1で3週連続で馬券圏内の⑧番枠を引き当てた。皐月賞での最速上がりは侮れない。素質馬揃いの兄弟が届かなかったG1タイトルを今度こそ掴み取る。

⑨ラーゴム

皐月賞は消極的な騎乗が裏目。浜中は思い切った乗り方が出来るので乗り替わりはむしろ好転。相手なりにしっかり走る安定性は大きな才能。

⑩シャフリヤール

毎日杯の衝撃レコードV後は皐月賞をパス。2か月の間隔を空けて大一番に備え、追切では超抜の動き。ワグネリアンの神騎乗で覚醒した福永は連覇&3勝目を狙う。

⑪ステラヴェローチェ

皐月賞上位・重賞勝ち・血統構成と全く減点材料がないのに人気薄。マイルの時計勝負でも、泥田の持久戦でも対応出来るのは高い能力の証。

⑫ワンダフルタウン

オペラオー級と言わしめた逸材はエフフォーリアと並んで重賞2勝の実績上位。良化途上の青葉賞を叩き、いよいよ和田の悲願達成か。

⑬グレートマジシャン

スケールの大きさは世代屈指。ダービーで悔しい思いを重ねた戸崎にとっては思いもよらぬチャンス到来。乗り替わり不振など知れた事か。

⑭タイトルホルダー

G1馬2頭を退けた弥生賞。先行不利だった皐月賞で2着。バスラットレオンに行かせて2~3番手に付けられる展開面の恩恵。この馬の粘り腰が半端じゃない事を忘れてはいないか?

⑮アドマイヤハダル

人気の一角ディープモンスターに2戦2勝。皐月賞で不利な最内枠から4着まで押し上げた底力はここでも上位。2週連続でミルコが大仕事をやってのける。

⑯サトノレイナス

不運はそれを乗り越えられる強者にこそ降りかかる。神はその素質を認め、桜の⑱に続いて今回は⑯を与えた。強豪牡馬を打ち負かし、牝馬の時代の真の継承者は自分であるとソダシに示す時が来た。

⑰バスラットレオン

スピードの絶対値は折り紙付きで、逃げ宣言に大外はむしろ絶好。この春のG1シリーズはキズナ産駒が絶好調なことも見逃せない。令和のサニーブライアンが藤岡と共に前走落馬の鬱憤を晴らす。

まとめ

やはりどの馬にも激走のチャンスはある。ランブリングアレーハギノピリナ「なんで来るんだよ?」の前に、しっかりと激走の根拠を1頭ずつ確認していくのは大事な作業だと思われる。

その上で、きっと頑張ってくれると信じ、ご自身の推し馬を応援して欲しい。

私の印

◎ ①エフフォーリア

〇 ⑪ステラヴェローチェ

▲ ⑭タイトルホルダー

△ ⑬グレートマジシャン

✕ ②⑩⑯

あとはパドックで気配の良い馬見極めて帯狙い。下の記事には各馬のダメなところも記載👇

関連記事

【第88回日本ダービー(G1)】エフフォーリアは本当に「鉄」なのか?

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。