【第75回朝日杯セントライト記念(G2)】出走馬全頭診断

9/20㈰は中山競馬場で第75回朝日杯セントライト記念(G2)が行われる。

G1連対馬2頭が参戦しメンバーも引き締まった一戦を制し、最後の一冠へ王手をかけるのはどの馬か。

それでは全頭診断をしていこう。

 

 

 

 

 

 

セントライト記念:出走馬全頭診断

①ベルウッドエオ

〇 過去10年で1枠から連対した馬は3,14.8番人気と激走の条件は人気薄であること。

✕ 福島の1勝クラスですら8番人気の4馬身差6着ではここは荷が重い。

②アサマノイタズラ

〇 嶋田からの解放。

〇 G2で競った相手が隣なら闘争本能再燃も。

✕ 駄騎乗による敗戦が続き、精神的ダメージが心配。

③ヴィクティファルス

〇 皐月賞(G1)で4番人気の馬が好枠で人気落ち。

✕ 賞金は足りてるので軽めの追切り含め本気度が薄い。

④タイムトゥヘヴン

〇 G1でもよもやの場面を見せた資質。

✕ 馬なり&長めの追切りから距離不安の意識が見え隠れ。

⑤ノースブリッジ

〇 「逃げ」という確固たる戦術。

✕ 番手に付けるメンツが強力。

⑥レインフロムヘヴン

〇 馬具の効果も大きいが、気性面での成長が見られる。

〇 行くか控えるかの極端なレースはハマれば大きい。

✕ 重賞級との力関係が劣勢。

⑦タイトルホルダー

〇 実績的にメンバー内で2枚格上。

〇 休み明けだが勝負気配漂う追切り。

〇 「菊も武史で」の想いならここで恥ずかしいレースはしない。

⑧レッドヴェロシティ

〇 世代中堅級の青葉賞(G3)でタイム差なし3着は上々。

〇 距離適性上位。

✕ 追切りは反応今一つ。

⑨カレンルシェルブル

〇 展開面で最も不安の少ない馬。

〇 ハービンジャー&ハーツの成長力。

✕ 今までとは相手が違う。

⑩オーソクレース

〇 2歳時からG1連対で疑う余地のない素質。

✕ 骨折休養明けでまだ中身が出来ておらず小じんまりと映る。

⑪ルペルカーリア

〇 POG馬で重賞級資質は確保。

〇 G1級の少ないメンバー構成。

✕ 左にもたれる悪癖は安定感に欠ける。

⑫ソーヴァリアント

〇 安定感溢れるレース振り。

〇 調整順調で力の出せる仕上がり。

✕ デビュー当時のツキの無さはまだ気掛かり。

⑬グラティアス

〇 タイトルホルダーと同じく中山重賞勝ちのある春二冠の入着馬。

〇 自在性もあり、展開に左右されにくい。

〇 姉は先週G2Vで血統的にも勢い有り。

⑭ワールドリバイバル

〇 好走しても人気にならないタイプ。

〇 中山2200mは枠順による影響はほぼ無いが、みんな気にする大外。

✕ 今回は逃げ先行が強力で逃げれる保証もない。

✕ 格上相手の脆弱性。

 

 

 

 

 

 

セントライト記念:まとめ

◎ ⑦タイトルホルダー

○ ②アサマノイタズラ

▲ ⑬グラティアス

△ ⑫ソーヴァリアント

さすがにタイトルホルダーを外すのは暴挙。

アサマノイタズラはまともならここでも力は上位。

グラティアスは減点材料が少ない。

ソーヴァリアントが前走負かしたエイシンヒテンはローズS2着好走。

今年のセントライト記念は堅めの決着と見る。

関連記事:駄騎乗の代償

 

 

 

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。