【第63回有馬記念(GⅠ)】平成最後のグランプリ。ド鉄板レイデオロを脅かすのはどの馬だ?

 

こんにちは。クリスマスより有馬な腐男子ぽぽんです。

 

 

平成最後の~と冠する言葉が巷には溢れかえっておりますね。

今回も例に漏れず「平成最後の有馬記念」って謳い文句をよく耳にします。

偶然にも今回の有馬当日は今上天皇在位最後の御バースデー。

親方日の丸JRAがそこをないがしろにすると思いますか?

答えは否です。

 

 

 

 

枠順

掲示板の上から

12

2

3

天皇賞馬レイデオロ=黄金の王

お誕生日おめでとうございます的なベタな真似すらしかねません。

ここは注意を払いたいですね。

 

 

 

 

⑫レイデオロ

オジュウチョウサンが規格外の化け物でない限りリスグラシューとアーモンドアイの出ないここでレイデオロが負ける要素は見当たりません。

ここで不覚を取るようならリスの香港遠征と当馬のJCスキップはなんだったんだ?ってレベルの話になるからです。

今回は一着固定の相手探しとします。

 

 

 

 

 

⑭キセキ

菊花賞後暫く鳴りを潜めていたキセキはこの秋完全に復活しました。

秋天は1.57.0→JCは2.21.5で走破。

古馬最高峰の2戦をこのタイムで激走していればそれは人気にもなるでしょうが、問題はこの有馬までお釣りが残っているかどうかという一点のみ。

最終追切りは・・・どうもやんわり甘やかしてますね。

東スポさん、紙面を汚してごめんなさい。

だがしかし、私の馬柱に彼の名はもうないのだ。

 

 

 

 

 

①オジュウチョウサン

イギリスのグランドナショナルに行っても勝負になるんじゃないかというくらい桁外れな名ジャンパーがオーナーの強い希望で有馬記念に挑戦。

J.GⅠを5連覇した後に平地の2戦をクリアするとファン投票であっさり出走にこぎつけるという何もかもが前例のない異常な馬。

障害帰りでGⅠを獲った馬はメジロパーマーが有名ですが、障害実績はこちらが遥か上、そして障害時の鞍上石神は前日の中山で露払いとばかりにJ.GⅠ6連覇。

でもね。前走1000万下を少差で勝っただけの馬が人気になってて買う私じゃないんですよ。

既に彼は来ても来なくても歴史的名馬なのは変わらない。

ならば人気だけ吸っていただこうではないか。

 

 

 

 

 

③モズカッチャン

リスグラシュー・ディアドラに次ぐ世代No.3牝馬。

先行内枠有利の中山2500mでこの枠はかなり豪運ですが、先行型のクリンチャーが2番枠を引いてるあたり少し作為的なものを感じます。

反対にキセキは⑭ですからね・・・

穿った見方をしましたがそれでなくても有利なものは有利で、この馬自身絶対能力では牡馬の強豪ともなんらヒケを取らない事はこれまでの牡馬混合戦で証明しています。

軽視はできない存在でしょう。

 

 

 

 

 

⑯サクラアンプルール

昨年の有馬で十分2着まであったシンガリ負けホース。

この馬の真骨頂は中山2500でこそ発揮されると信じています。

問題は大外と年齢だけ。

大問題ではあるのですが明らかにここ照準のローテーションで、レイデオロ以外は帯に短し襷に長しのメンバー構成のここは狙い撃ちしないといけない。

ガス欠のキセキを早めに後続が捕まえにかかれば無欲の大外一気が炸裂するに違いない。

有馬は二ケタ人気が案外飛んでくるし、平成最後の有馬記念なら最後の馬番と考えれば悪くもない。

桜の皇帝がサンタになってやってくる夢が見たくて仕方ない。

もはや来ない気がしない。

 

 

 

 

 

⑨リッジマン

頂の男

 

 

 

 

第63回有馬記念(GⅠ):まとめ

◎ ⑫レイデオロ

〇 ⑯サクラアンプルール

▲ ③モズカッチャン

△ ⑨リッジマン

 

ぽぽんの有馬記念妄想劇場はいかがだったでしょうか?

そもそもリスグラシュー-レイデオロの一点叩き込み予定のレースでしたがリスグラシューが旅に出てしまったため私の中では一強ムード。

サウンズオブアースとスマートレイアー以外の全ての馬に馬券圏内突入の可能性が残された今回はグランプリに相応しい非常に面白いレースだと思います。

あれこれ買ってもダメなものはダメですので12-2-3の3連単は小銭で買うとして

1番人気は頭不動、相手は3頭。

これをまとめとさせていただきます。

 

【第63回有馬記念(GⅠ)】平成最後のグランプリ。ド鉄板レイデオロを脅かすのはどの馬だ?を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 


投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します! 「最強説」へおこしいただきましてありがとうございます。 私は現在サラリーマンという素敵な肩書を持ちつつ、もう少し人生楽しむ方法はなかろうか?と毎日試行錯誤しながらブログを書いております。 とにかく笑って過ごしたい!常にそう考えてポジティブ過ぎるブログを立ち上げました。 皆様の一日に微かな笑いとともに、後日使えそうなちょっとしたトリビアをご提供できれば幸いです。いつでも遊びにきてくださいね。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。~の最強を証明してくださいとか大歓迎です。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。