【第60回AJC杯(GⅡ)】有馬を叩き台にしたサクラアンプルールに明け4歳のトップクラス撃破を託す

こんにちは。明け4歳とあまり相性のよくないぽぽんです。

 

うーん。AJCC難しそうです。

 

 

 

 

枠順

今週は強い明け4歳のトップクラスが2頭参戦。

菊花賞馬フィエールマンVS中山重賞2勝のジェネラーレウーノの一騎打ちというのが大方の予想のようです。

 

 

 

 

 

④フィエールマン

キャリア4戦目で菊を制したディープインパクトの逸材。

単勝1.6倍は底知れぬ強さへの期待感の表われでしょうが私はそんな馬券が買えるほどお金持ちではございません。

圧勝するタイプではない事や自分の形に持ち込んだ時に真価を発揮するクセ者も数頭いることから頭勝負は危険と見ます。

▲評価が妥当でしょう。

 

 

 

 

 

①ジェネラーレウーノ

セントライト記念と京成杯の2重賞を制した中山巧者ジェネラーレウーノ。

今回は前に行きたい馬もおらず展開利を得られるという見方が多勢を占めておりますが実際のところどうですかね?

こんな少頭数でジェネラーレウーノを直線まで楽に行かせるような展開にすることを他の10頭の騎手が許しますかね?

おそらくは全馬仕掛けは早めの削り合い勝負になると思われます。

もちろんなし崩しに後続に脚を使わせる展開になればこの馬の土俵ですからそうなったら勝つのはこの馬ですね。

 

 

 

 

 

⑪サクラアンプルール

有馬記念は彼に夢を託しましたがまさかの+18

AJCCの叩き台だったのか。。。と眺めていましたが想像通り見せ場を作っただけの7着。

まぁ16頭立ての15番人気ってのはあまりに低すぎる評価ではありましたがとりあえずあそこはあんなもんでしょう。

今回はジェネラーレウーノが作る流れを上手く生かして鬼脚勝負ですが、完璧に仕掛けどころが全てになります。

8歳馬が差し切れば痛快ですが届かずの未来がチラホラ見えますね・・

 

 

 

 

 

⑩メートルダール

この馬に福永は合いません。

むしろそれであそこまで好戦できるのは能力の証。

今回は人気もさほどないし面白い存在です。

 

 

 

 

第60回AJCC(GⅡ):まとめ

◎ ⑪サクラアンプルール

○ ①ジェネラーレウーノ

▲ ④フィエールマン

△ ⑩メートルダール

 

サクラの単複を少々遊ぶくらいです。

 

 

第60回AJC杯(GⅡ)】有馬を叩き台にしたサクラアンプルールに明け4歳のトップクラス撃破を託すを最後までお読み頂き、ありがとうございました。

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。