【第57回新潟記念(G3)②】出走馬全頭診断

本日9月5日(日)は新潟を含むローカル3場の開催最終日ということで、あわよくば好配当が拾えるかも知れないネタも別記した。

ほぼ午前中に賞味期限が切れるので、時間に余裕があれば先に

【第57回新潟記念(G3)①】にお目通し頂くことをおすすめする。

 

 

 

 

 

新潟記念(G3)全頭診断

①サトノアーサー

〇 重賞2勝は共に左回り。

〇 神戸新聞杯3着もあり距離不安は無い。

✕ とはいえ2000m超えは菊花賞以来約4年ぶり。

✕ 高齢馬に1年以上の長いブランクは?

 

 

②ザダル

〇 この春ようやく重賞を勝ち本格化気配。秋の飛躍を目論む。

〇 1800~2000は主戦場。戦って来た相手も一枚上。

✕ ぼちぼち仕上がってはいるが、集中し切れていない追切り。

✕ トップハンデ、1番人気共に相性の良くないレース。

✕ 痛恨の内枠。

 

 

③ショウナンバルディ

〇 3戦連続重賞好走。

〇 昨日の戸崎はメインと準メインを連勝。

✕ 調教が平凡。疲れ有か?

 

 

④レッドサイオン

〇 ずっと我慢させる調教。後方待機で一撃狙い。

✕ デビューから堅実派だったが、過去1年馬券圏内無し。

 

 

⑤リアアメリア

〇 わざわざ川田が乗りに来た。

〇 待望の条件到来。馬柱を汚し、人気もソコソコ落ちた。

〇 阪神・中山・重馬場では人気でも無視できるが大箱は別。

✕ 阪神新馬を大楽勝していたので、この解析が美味しかったのはJFと桜まで。

✕ 早熟説が本当ならOUT

 

 

⑥パルティアーモ

〇 とことん大事に使われている愛のあるローテ。

〇 それに応えるかのように毎回能力分走る。

✕ に、しては取りこぼしの多いレースぶり。

✕ 重賞の無い札幌にルメールを置いての武史への乗り替わり。

 

 

⑦マイネルサーパス

〇 しっかり負荷をかけ、及第点の仕上がり。

〇 前日の重賞でレースを壊した大知の謎騎乗がハマるケース。

✕ 古馬になってからの成長度。

 

 

⑧ギベオン

〇 デアリングタクトを粉砕する意外性。

✕ 淳也を差し置いて望来という采配。

 

 

⑨アドマイヤポラリス

〇 目黒記念は参考外の極み。そこでの凡走で人気急落。

〇 堅実性はピカイチ。

✕ 目黒記念が実力だった場合。

 

 

⑩ラーゴム

〇 メンバー唯一の3歳で斤量の恩恵。

〇 他にクラシックロードを歩んだ経験を持つ馬は少数。

〇 札幌にいるはずの池添をわざわざ呼ぶ。

✕ 終いだけしっかりの追切り。仕上がり途上。

 

 

⑪ラインベック

〇 全兄は昨年2着で走る下地有り。

〇 結局芝の方が走る。

〇 一流馬に一定数見られる首を使う走法。

✕ 勝ち切るか?と言われると疑問符の津村。

 

 

⑫ヤシャマル

〇 新潟を庭とする明良。

〇 調教は力強い動きで状態文句無し。

〇 前走同斤だったザダルから3.5㎏貰う。

✕ 重賞の壁。

 

 

⑬クラヴェル

〇 この上ない絶好枠。

〇 好走しても人気沸騰しない脚質とキャラ。

✕ 反面やはり取りこぼす脚質とキャラ。

 

 

⑭エフェクトオン

〇 新潟2戦2勝。初勝利も新潟。

〇 素質は重賞レベルにあり、3勝クラスまではベタ買いで+。

〇 枠も完璧で試金石のここは抑えるべき。

✕ 田辺が新潟にいるのに木幡巧?

 

 

⑮プレシャスブルー

〇 2桁人気でも油断できない穴馬気質。

〇 いるだけで恐怖の穴馬気質。

✕ 凡走しても文句のつけようがない。

 

 

⑯マイネルファンロン

〇 夏馬。

〇 およそ3年ぶりとなるまともな鞍上。

〇 思い切って単騎逃げに持ち込んだら誰も鈴をつけに行かなそう。

✕ 逃げなかったら二束三文。

 

 

⑰トーセンスーリヤ

〇 掻き込むフットワークは荒れ馬場OK

〇 今回に限り外枠は大歓迎。

〇 同舞台の新潟大賞典勝ち馬。

✕ トップハンデは過去10年で1勝のみ。

 

 

 

 

 

新潟記念(G3):まとめ

◎ ⑰トーセンスーリヤ

〇 ⑬クラヴェル

▲ ⑭エフェクトオン

△ ⑫⑪⑤

今週の新潟の馬場を考慮しても、やはり内枠の馬に重い印は回せない。

理由は↓

【第57回新潟記念(G3)①】9/5(日)新潟記念の前に芝コースで穴狙い

 

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。