【第55回スプリンターズS(G1)】出走馬全頭診断

10/3㈰、中山競馬場では第55回スプリンターズ(G1)が行われる。

春秋スプリント統一王者を狙うダノンスマッシュは7枠14番、前哨戦のセントウルS(G2)を制し、自身2度目のG1制覇を目論むレシステンシアは6枠12番にそれぞれ入った。

3番人気以下に目を向けても活きの良い3歳馬ピクシーナイト、ようやくスプリント路線に転向して素質を開花させたジャンダルム、今度こそ真の勲章が欲しいクリノガウディー、意地でも逃げるモズスーパーフレアなど、どこから一発があってもおかしくない楽しみ一杯のメンバー構成だ。

 

 

 

 

 

 

スプリンターズS

傾向

  • 過去10年の勝ち馬中9頭が3番人気以内。
  • 6枠(緑帽)は過去10年馬券内無し。
  • 過去10年で1番人気は(5.1.1.3/10)
  • 4~6歳が優勢。
  • リピーターが活躍。

スプリンターズステークス:データ

 

 

 

 

 

 

出走馬全頭診断

①シヴァージ

〇 激流でインからズドンは大いに有り得る。

〇 少し時計を要す馬場は理想的。

〇 鉄砲は苦にしない(0.3.0.1/4)

✕ 詰まる可能性も高い。

✕ 前走がリステッド5着では厳しいか。

②ミッキーブリランテ

〇 阪急杯で今回の人気馬にも先着実績。

〇 白帽2騎は同じ考え。内を突ければ。

〇 キーンランドⅭからの臨戦は好走例多数。

✕ おそらく状態が下降線。

③ラヴィングアンサー

〇 セントウルSでは外枠から健闘。今回は運が向く。

〇 望来なら何も考えずインビタ強襲が出来るはず。

✕ ポテンシャルが足りるか?

④ピクシーナイト

〇 自在性と好枠。

〇 3歳世代屈指のスピード。

✕ 前走でほぼ仕上がる。状態要注意。

✕ どちらかと言えば高速馬場向き。

✕ ④番だけに。

⑤ファストフォース

〇 引退ヨカヨカの株上げに一役買う。

〇 夏場の輝きはまだ色褪せない。

✕ 追い切り平凡。

⑥メイケイエール

〇 メチャクチャな走りなのに既に重賞3勝の素質。

〇 天皇の姪と圭さんの結婚。

〇 キーンランドⅭ組は侮れない。

✕ 抑えが効かない女の子。

⑦タイセイビジョン

〇 レースセンス抜群。今回は中団好位付け。

〇 ビアンフェとも渡り合えるスプリント能力。

✕ 早熟か?

⑧ビアンフェ

〇 モズとハナを叩き合う気満々の気概。

〇 去勢後の成績安定。

〇 土曜メインで藤岡佑は異次元の末脚、日曜は異次元の逃脚?

✕ 共倒れ

⑨クリノガウディー

〇 夏から岩田パパの剛腕で復活。

〇 前走は動いたが急仕上げ。今回は上がり目十分。

✕ 追い切りで斜行癖が出る。

⑩エイティーンガール

〇 昨年より余裕のあるローテーション。

〇 キーンランドⅭの最先着馬。

✕ 究極の末脚が使えない。

⑪ジャンダルム

〇 金曜に謎の大口購入。ヒシミラクルか?

〇 G1に届いて不思議ない強靭な末脚。

✕ 前走が完璧仕上げで今回はソフト。釣銭不足か?

✕ スタート。

⑫レシステンシア

〇 1400以下は(4.1.0.0/5)と準パーフェクト。

〇 最良ステップのセントウルS勝ち。

〇 晴雨兼用。

〇 ルメール3連覇か?

〇 ペースによっては差しも可。

✕ 前走から上積みはあるが、100%ではない。

✕ 6枠は10年間馬券内無し。

⑬アウィルアウェイ

〇 昨年3着のリピーター。今年も同様の展開。

〇 前走は太目残り。

〇 良馬場1200は(2.0.3.1/6)

〇 さいとうたかを氏を偲んで⑬が仕事。

✕ 欲張って狙うと来ないタイプ。

✕ 第55回を『ゴルゴ』と読むには無理がある。

⑭ダノンスマッシュ

〇 アジア最強スプリンター。

〇 鉄砲実績(4.0.0.1/5)

〇 一昨年3着、昨年2着なら今年は。

✕ スタート直後にモズ蓋の恐れ。

⑮ロードアクア

〇 カナロア✕メジャーは今回の1~2番人気の父同士の配合。

〇 16人気⑮ダイタクヤマトの単勝は25,750円。

✕ G3ですら掲示板に載ったことがない。

⑯モズスーパーフレア

〇 追い切りは横綱。呆れる程速い。

〇 結果はどうあれ見せ場以上は確実。

✕ 韋駄天ビアンフェ&お転婆メイケイエールの存在。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

◎ ⑭ダノンスマッシュ

〇 ⑫レシステンシア

▲ ④ピクシーナイト

△ ⑨クリノガウディー

✕ ⑬③⑪

 

大外だろうと関係なくモズが行く。さすがにビアンフェ藤岡佑も番手で我慢だろうが、メイケイエールがどう暴れるかは最初の注目どころ。レシステンシアは先頭から4~5馬身ほどの位置取りだろう。

ダノンスマッシュ、ピクシーナイトはスタートでアクシデントが無ければレシステンシアをじっくり見ながら進める。

ルメール・レシステンシアがどこで仕掛けるかだが、決着タイムを1:08秒前半と想定するとあの男なら早仕掛けはするまい。

ハイペースでありながらも追い込み各馬にとっては厳しい展開を想定する以上は好位差しを中心に考えるのが妥当。

リーディング1~3位のジョッキーが1~3番人気に騎乗するG1も珍しく、名手3人の駆け引きに注目するだけでも存分に楽しめるレースになるだろう。

土曜はご存知の通り火だるまにされたので少し火消しをしたいところだ。

👇

第25回シリウスステークス(G3)

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。