【第24回富士ステークス(G2)】出走馬全頭診断

10/23㈯、東京競馬場で第24回富士ステークス(G2)が行われる。

以前からマイルCS(G1)活躍馬を多く輩出してきていたレースだが、昨年からG2へ昇格となってその意味合いは増した。

今年はG1好走経験のある3歳勢に加え、昨年の2着馬でNHKマイルC(G1)覇者のラウダシオン、復活を期してのマイル挑戦となる2018年ダービー馬ワグネリアンなど興味深いメンバーが揃う。

週中の雨もあり、一筋縄ではいかない一戦を制するのは果たしてどの馬か。

 

 

 

 

 

 

 

 

富士ステークス

傾向

  • 東京芝1600mは枠順不問。
  • だが、1~2枠は苦戦傾向。
  • 過去10年1番人気(3.1.0.6/10)
  • 勝ち馬は6番人気まで。
  • 過去10年関東馬(3.7.6.54/70)
  • 過去10年関西馬(7.3.4.63/77)
  • ルメールが安定。
  • 6歳以上は大不振。

富士ステークス:データ

 

 

 

 

 

 

出走馬全頭診断

①ソングライン

〇 シュネルマイスターと互角の競馬をした条件。

〇 3歳10月の別定52㎏は明らかに有利。

〇 調整順調。

✕ 荒れ気味の馬場で①番枠。バスラットレオンの④は大きな懸念材料。

②ザダル

〇 東京大好物。

〇 9番人気は想定外の低評価。

✕ 内枠の石橋脩ならほぼ詰まる。

✕ バスラットレオンの出方で後方に下げられる可能性。

③マイラプソディ

〇 前走は最近では最も好内容。

〇 武豊戻り。

〇 好発すると1枠2頭は更にピンチに。

✕ オープンレベルにも足りてない疑惑。

④バスラットレオン

〇 逃げれば大チャンス。

〇 好発で即内を締めればチャンス拡大。

✕ 負ける時の豪快さ。

✕ 控えてみたいという謎の意図。

✕ 発馬。

 

⑤ロータスランド

〇 坂路で意欲的ないい動き。

〇 バスラットレオンを見ながら進められる。

〇 当週G1有力馬の騎手は土曜重賞に強い。

✕ 抜け出しが早いと終いが甘くなる。

⑥ハッピーアワー

〇 どうにもならない馬が来るのが競馬。

〇 先週の新潟でも18頭立ての17番人気が激走。

✕ 近走の不振とお家芸の出遅れ。

⑦タイムトゥヘヴン

〇 追い切りは軽快で絶好の動き。

〇 NHKマイルCは大きな不利で見直せる。

✕ 連発で2000m超えを使った弊害。

⑧ラウダシオン

〇 直前追いでやる気を見せないのは京王杯SC(G2)勝ちのパターン。

〇 実績最上位。昨年も2着。

〇 左回り専用。

✕ ムラ馬。

⑨ダーリントンホール

〇 皐月賞6番人気、ダービー5番人気の素質。

〇 能力の減退がなければ一発も。

✕ ダービー後の休養含め、臨戦過程が酷い。

⑩アルジャンナ

〇 富士Sの主・ルメール騎乗。

〇 マイラーズⅭ(G2)は詰まり続けての2着。

〇 4歳世代は特に好成績。

〇 非の打ち所の無い最高の枠。

✕ トライアル仕上げでやや重さが残る。

⑪ボンセルヴィーソ

〇 人気薄の時に限って好走。

✕ 東京がまるでダメ。

⑫フォルコメン

〇 ヴィクトワールピサ土日重賞制覇ならここから。

〇 前走はサルファーコスモスに4㎏与えて快勝。

✕ 馬に魅力がないのか毎回騎手が変わる。

⑬ソーグリッタリング

〇 今春の東京で2連続好走。

〇 渋馬場(0.2.1.1/4)なら雨は好材料。

✕ 年を重ねる毎にマイル成績が落ちている。

⑭ワグネリアン

〇 福永を覚醒させた功績は永久不滅。

〇 ダービーでの個人的な大恩。

✕ ここで初マイル。新味を求める理由は衰えか。

⑮サンライズオネスト

〇 相性の良い4歳世代。

〇 バスラットレオン好発なら先行勢は楽。

✕ 重賞では能力不足の公算大。

⑯ダノンザキッド

〇 前々走までは世代主役級の扱い。

〇 荒れてない外枠なのに不利と見られる先入観。

〇 自在性があり、晴雨兼用。

✕ 反応一息で完全に叩き台。

⑰サトノウィザード

〇 叩き台が多いメンバーの中では好調教の部類。

〇 G1勝ち戸崎の勢い。

✕ 人気でも凡走する東京との相性。

 

 

 

 

 

まとめ

◎ ⑤ロータスランド

〇 ⑩アルジャンナ

▲ ④バスラットレオン

△ ⑧ラウダシオン

△ ⑯ダノンザキッド

 

今回の1枠両頭は最悪の枠並び。④バスラットレオンがまともにスタートを切っただけで荒れ気味の内を後方から追走の憂き目に遭う。

◎〇には最もスムーズにレースを運べそうな2頭を挙げた。

人気は拮抗しているが、11番人気以下が来たら仕方がないと全切りしても良さそうなレース。

スタートから運要素が強いので、菊花賞(G1)の資金を減らさなければ万々歳か。

菊花賞展望はこちら

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。