【今週の馬場考察】6/25~26 阪神 宝塚記念(G1)

馬場情報

阪神競馬場の馬場状態

3回阪神は2週目となり、先週同様Bコース(Aコースから直線部3メートル、曲線部4メートル外側に内柵を設置)を使用。

6/26㈰には春のグランプリレースである第63回宝塚記念(G1)が行われる。

馬場の変遷

開幕週の先週(6/9撮影・上)と今週(下)の比較。

3コーナー

 

 

4コーナー

 

直線

向正面直線、内・外回り3コーナーから4コーナー、正面直線にかけてコース内側に軽微な傷みがありますが、全体的に概ね良好な状態です。

これがJRA発表。

前開催から完全回復はしてなかったとはいえ正直ここまですぐ痛みが出るとは考えていなかった。

…とはいえだ。

先週のマーメイドS(G3)でウインマイティーが計時した2000m1:58.3。ならびに1400の一勝クラスでのママコチャ1:20.3は高速馬場と言うに値する時計。そしてやはり開幕週らしく後方待機勢には分が悪かった。

今週末は雨予報があったがどうも曇り程度でお天道様も勘弁してくれそうで、宝塚記念はともかく土曜日は先週同様高速馬場で施行されるだろう。

なお、宝塚記念には枠による優劣は無い。

 

結論

  • 高速馬場
  • 可能な限り前目の好位に付けられる馬
  • 宝塚記念は枠不問

土曜のおすすめ

12R ⑧ヴァレーデラルナ これに5馬身つけたのでペイシャエスを買えた。

 

 

日曜のおすすめ

宝塚記念 Twitterに買い目貼りました

他場

6/25~26 東京

6/25~26 函館

FavoriteLoadingお気に入りに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました