【今週の追切特注馬】10/22~23 菊花賞(G1)富士S(G3)

追切り注目馬

今週の追切り

※グリーンチャンネルを見ながらの殴り書きです。あくまで個人的なメモ書きなので鵜呑みにしないでください。

菊花賞(G1)

ガイアフォース 坂 c セントライト記念時にお伝えしたように長距離は向くだろう。ただ、2週続けての併走遅れが少々気掛かり。

シェルビーズアイ 坂 c フォームが定まっておらず。先の馬。

プラダリア 坂 c 前走時より上向きだが3000が良いとは特に思えず。

ボルドグフーシュ 坂 c 馬体はハデだが調教はいつもモッサリしててふつう

ヤマニンゼスト cw c 落ち着いて走れているのは良い。距離はこなすクチ。

ビーアストニッシド 坂 c 力強い登坂。調子は良いが適鞍とは思えず。

アスクワイルドモア cw c+ これも落ち着き十分。馬体の張りも良い。

マイネルトルファン 南w c 底知れなさでは随一。

シホノスペランツァ cw c ビッシリやった。あとは力関係。

セイウンハーデス cw c+ ストライドが大きく、そのため馬体より大きく見せる馬。血統も菊向きで一考。

ドゥラドーレス 南w c 重心の低さはよいが無駄な動きがまだ多い。本格化は先。

ヴェローナシチー 坂 c 時計は速いが今回は3000で重要度低。やることはやってる。

ディナースタ 坂 d 追って伸びない。

アスクビクターモア  南w B 前走8分。今回は引き締まった。

ポットボレット 坂 d イマイチやる気が見えない。。

フェーングロッテン 坂 B 1週前はボルドグフーシュとcwでタイムは変わらないが手応えの違いは歴然。今週は軽々と馬なり好時計。枠がクソなとこは不安。

ジャスティンパレス cw c+ やる気に満ちたが外を回して届くかどうか?

セレシオン 栗芝 c 重賞は勝てる器だが至って普通。但し先週同様落ち着きがあるのは好感。

 

好調教馬

B アスクビクターモア フェーングロッテン

三歳五芒星の一角アスクビクターモア。8分のセントライト記念で目標にされながらもあの着差。万全の今回は『乱菊』にはさせないだろう。フェーングロッテンは新潟記念の大外で強運をツモったツケがここに来たが動きは上々。

c+以下は混沌。

 

富士S(G2)

アオイクレアトール 南w c+ 頭が高い走法の馬。馬なりでこれだけ走れていれば。

アルサトワ cw c ふつう

エアロロノア 坂 d スピードの乗りが今一つ。次走か。

スマートリアン 坂 d すっきりし過ぎた印象。ルメール人気ならばこその消しか。

セリフォス 坂 B 恐らく今回も終いを活かす。勝たねばならぬ相手関係。

ソウルラッシュ 坂 c こちらも終いを活かしにくるが完調ではない。

タイムトゥヘヴン 南w c 軽めだがキッチリ仕上がる。

ダイワキャグニー 南w c 順調。劣化だけが敵。

ダノンスコーピオン 坂 c ふつう。少なくとも頭には据えない。

ノルカソルカ cw c ジャックドール相手に頑張ったが太い。

ピースオブエイト cw d 馬体に成長が無いのが寂しい。今回は静観。

ピースワンパラディ 南w d 動きチグハグ。集中して走れているか?

ラウダシオン B cw 長め軽めで悠々好時計。復活あるか?

リレーションシップ cw c 躍動感ある走り。ただ若干重い。

ルフトシュトローム 南w d 傾きを感じる。真っ直ぐ走れないのか?

 

好調教馬

B セリフォス ラウダシオン

枠負けのNHKマイルカップ、古馬相手奮闘の安田と現3歳では最強マイラーであっても不思議の無いセリフォスは他の上位人気馬の追切りと比較すれば固定軸は譲れない。

ラウダシオンは気のない調教で勝たれた昨年の京王杯SCが少しトラウマ。馬なりでこれだけ走れば復活もある。

その他

のちほど

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました