【ドゥラメンテ】国内屈指の良血種牡馬が9歳の若さで急死!

「ドゥラメンテ死す」

ネットサーフィンをしていたら目を疑うような情報が流れて来た。

超良血2冠馬の9歳という若さでの早すぎる死は関係者のみならず、我々ファンにも大きな衝撃を与えている。

ドゥラメンテ、急性大腸炎のため死す(net.keiba)

 

 

初年度から皐月賞(G1)2着馬タイトルホルダーを輩出し、これからという時だったのに本当に悔まれる。

追悼の意を込め、ドゥラメンテが本気で凄い馬だったことを書き記しておきたい。

 

 

ドゥラメンテ

血統

父  キングカメハメハ

母  アドマイヤグルーヴ

母父 サンデーサイレンス

母母 エアグルーヴ

幾らするんだよ?と即座に思ってしまうような超良血馬だが、サンデーレーシングの当時の募集価格は1億円(250万✕40口)と後付けで申し訳ないが、お手頃価格だったことは否めない。

後にドゥラメンテと名付けられた男の子は現役時に5億1,660万円の賞金を稼ぎ、2021年度は種付け料が1000万の大台に乗っても満口になる程の大きな期待を寄せられる種牡馬となる。

非ディープであることのみならず、トニービンとキングカメハメハという日本馬が世界最強クラスとなるための礎を作った血を内包しているため、国内外問わず数多くの繁殖牝馬とのニックスが見込めることも人気の一因であろう。

 

 

競争成績

国内8戦5勝 2着3回

海外1戦0勝 2着1回

流石の連対パーフェクト。引退まで全くコケない安定感は馬名や気性の荒々しさとは真逆だったと言えるが、その走りは正に荒々しく、見る者全てを虜にする魅力に溢れていた。

 

 

3歳

暴れん坊将軍の様に勝った皐月賞(G1)、独走状態に持ち込んだダービー(G1)は本当に呆れる程の強さ。3冠も確実視されたが残念ながらケガに泣き、年内は全休。

ドゥラメンテ不在の菊花賞(G1)を春の2冠で退けたキタサンブラックとリアルスティールがワンツー決着。

休養中に勝手に評価が上がるが、古馬戦線に6戦6勝と年内無敵で国際GIを4勝した同厩の先輩モーリスがいたため年度代表馬の座は譲ることとなる。

 

 

4歳

年が明け、古馬になったドゥラメンテはおよそ10カ月ぶりの実戦となった中山記念(G2)を楽勝。

世界最強の称号を手にするため勇躍ドバイシーマクラシック(G1)に挑むが、残念ながらポストポンドの2着に敗れた。

ちなみにポストポンドは前年のKG6世&QES(G1)を皮切りに当レース、英コロネーションⅭ(G1)、英インターナショナルS(G1)のGI4勝を含む6連勝でその年の凱旋門賞(G1)へ2番人気(5着)で挑んだほどの馬だ。

最初で最後となる世界最強クラスへの挑戦は残念ながら2馬身差の完敗であったとはいえ、ドゥラメンテは帰国初戦の宝塚記念(G1)2着後に競争能力を喪失してしまうことから、足元には既に限界の兆候があったのかも知れないし、今となってはむしろそうであったと思いたい。

競馬にタラレバは厳禁だが、万全の状態ならばドゥラメンテは世界最強となっていたはずの逸材であり、そう言えるほど爆発的な素質の塊だった。

 

引退後

2017年から種牡馬入りし、良家のお嬢様と数多くの関係を持つ。

早世してしまったため産駒は2018年~2022年生まれの5世代に限られるが、初年度からGI好走馬を輩出しており、産駒の質は総じて高い。

父ドゥラメンテの名を世界に轟かせる怪物産駒の出現は遠くない未来に訪れる。

今はただ彼の冥福を祈り、彼の子どもたち、そして最も悲しんでいるであろうミルコを応援したい。

ドゥラメンテの種付け料の推移と注目幼駒(ほどよい競馬)

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。